HOME > 宅建コラム> 宅建人気の理由
たっけん教室.com

宅建人気の理由

宅建試験は、毎年20万人以上の人が受験されている、人気の国家試験です。
この人気の理由はどこにあるのでしょうか?

1)年齢制限がない
宅建人気の一つには、年齢制限がないことがあげられると思います。
宅建の最年少合格記録は12歳、最高齢者は90歳です。
これは、しっかり勉強すれば誰でも合格できる事を証明していると思います。

2)難題資格へのステップアップ
他の資格で、必要となる基礎知識が得られるのも人気のひとつです。
宅建では不動産の知識を要しますが、民法の勉強も必要になります。
この点で、行政書士や司法書士のステップアップとして受験される人もいます。
また、マンション管理士や管理業務主任者では、宅建との共通科目も多く受験時期も近いこともあって、同時に受験される事があります。

3)人生で必要な知識が身に付く
主婦の方でも受験されているのが宅建です。
マイホームの購入は、人生最大の買い物と言われるくらい一生一度の大きな買い物です。ここで、大きな力を発揮するのが宅建です。
不動産用語は一般素人が聞いて分かるようなものではありません。
「ちゃんと書いてますから」と、後で言われても対処できないことって多々あります。 しかし、宅建の知識があれば事前にトラブルを防ぐことができます。

また、宅建の試験では民法が1/4を占めています。
この民法を勉強することで、日常生活でのトラブルを防ぐこともできます。

4)仕事で必要
抵当を扱う金融業や、不動産知識が必要な建築関係でも取得されています。
これらの職種に就職する学生や転職を考えている人にとっては、強力なアピール・ポイントになります。


以上のように、受験制限がなく、活用できる幅が広いのが人気の理由です。
例えば、美容師試験(国家資格)では”実地経験のあるもの”、”学校で課程を修了したもの”でないと試験を受ける事ができませんが、宅建試験にはこのような制約はありません。
それに、特定分野だけに活用される資格ではないので、活用の幅も広がります。

これほど活用できる国家資格は、他には無いと思います。
資格は一生消える事はありません。
仕事で必要がなくても、スキルアップの為にチャレンジするには持って来いの資格ではないでしょうか。



その他関連記事
PCサイト | スマホサイト
▲Top of Page