HOME > 宅建コラム> 宅建試験の受験者数と合格率
たっけん教室.com

宅建試験の受験者数と合格率

宅建試験は国家資格の中でも人気がある資格です。
学生や主婦、サラリーマンなど性別、世代問わず幅広く受験されています。

人気の理由はいろいろあると思うのですが、きっと国家資格ではあるがそれ程難しくない資格だからではないかと思います。
こう言ってしまうと、簡単なんだと思われるかもしれませんが、それは大きな間違いです。 まずは下の表を見てください。

近年の受験状況と合格率・合格ライン

年度 受験者数 合格者数 合格率 合格ライン
平成19年 209,684 36,203 17.3% 35点
平成20年 209,415 33,946 16.2% 33点
平成21年 195,515 34,918 17.9% 33点
平成22年 186,542 28,311 15.2% 36点
平成23年 188,572 30,391 16.1% 36点

過去5年の受験状況をまとめたものです。
まずは合格率に注目してもらいたいのですが、20%に到達していません。
この表からすると、100人受験して合格者が16、17人と言う事です。
10人なら合格者が2人もいないことになります・・・。
これが、宅建試験の現状なんです。

もう一度初めの話しに戻しますが、宅建はそれ程難しい資格ではないですが、簡単に受かるものではないです。
合格した人は、簡単だったなんて言いますが、皆頑張って勉強した人達ばかりなんです。

要するに宅建は、いくら勉強しても受からないっていうものではなくて、勉強さえすれば必ず受かるという事です。

たっけん教室.com


その他関連記事
PCサイト | スマホサイト
▲Top of Page