HOME > 私の宅建勉強法トップ> 4.ノートを活用した勉強法
たっけん教室.com

4.ノートを活用した勉強法

テキストを読んで過去問を解くだけの勉強法では、到底テキストをマスター出来ないと考えた私は、勉強の仕方を変えることにしました。
で、テキストを読んで過去問を解いていく勉強法の何がいけなかったのか?原因を考えると、私の頭では記憶が追いつかない事に気づいたのです。

では、知識を記憶に留めておくにはどうすれば良いのか?
答えは単純明快で、常に頭にインプットを続けると結論付けたのです。

要するに、今日やった項目を次の日も目を通す、その次の日も目を通す、その次の日も目を通す・・・・と繰り返せば、嫌でも覚えるだろうということです。
よし!そうと決まれば決死の覚悟で断固やり切るのみ!
と言うことで、毎日の復習を大切にした勉強法でやっていこうと決めたのです。

しかし、毎日テキストを読み返すのも良いけども、それを行うには時間が掛かり過ぎるなぁと言うことで、”重要箇所をノートにまとめ、そのノートを毎日読み返す”ようにしました。
そして、私の怠惰の性格を打ち破るためにも、ノートに読む日付を記し、読んだらその日付を”消していく”ように工夫しました。

ここが我ながらの妙案で、読んだ日を”記していく”方法もあるわけですが、そうするとこのページは明日にしよう・・・あ~週末にまとめてやってしまおう・・・と、挙句の果てには、あ~この項目は完璧だから完了で!と言ったことになりかねません。
私の性格上、こういった適当なことになってしまう恐れがあったので、日付を予め記しておき、その日付通りにノートを見返して、読んだら日付を消していくようにしたのです。

こうすれば、我vsノートの戦いになり、「あ~この項目は完璧だから~」なんていう、自分の作った勝手な言い訳も生まれず、日付を消していくことに焦点を当てた勉強が出来ました。

ノートの作り方
さてさて、実際に私のノートはどのようになっているかです。
勉強の進め方は、以前に失敗した勉強法と同じで、項目ごとに進めていきます。
「代理」なら代理で1つの項目とし、代理の重要箇所をノートにまとめます。
で、日付を書いていくのですが、私が決めたルールは、
1.今日勉強した項目は、翌日から毎日3日間
2・3日経過後は3日置きにこれを3回
3・3回経過後は5日置きにこれを5回
4・この後は7日に一度ノート試験日まで
と、こんな感じです。

文章で見ても分かりにくいと思うので、詳しくは以下イラストを参照ください。

たっけん教室.com

このノートのおかげで、私の宅建知識は明らかに深まって行きました。
一見すると項目をまとめるのは効率が悪いように思いますが、長い目でみればこの方法が私に適していたのです。

勉強法には色々あって、その人の日常スタイルや性格などによっても違ってくると思います。
だから、この方法が万人にうけ、最適な勉強法だとは思いませんが、こんな方法もあるよと言うくらいで考えて頂ければこれ幸いです。




その他関連記事
PCサイト | スマホサイト
▲Top of Page